その他

【図解】検察庁法改正案をわかりやすく解説!抗議の理由は?

2020年5月10日ツイッター上で「#検察庁法改正法案に抗議します」のタグが22万以上も拡散されました。

かなり話題となっていますが、拡散の速度が速いため、なぜ話題になっているのかがよくわからないという人もきっといるでしょう。

そこで、今回は検察庁法改正案についてわかりやすく解説していきます!

ハテナ
【森友事件】赤木俊夫の遺書の発表がなぜこのタイミングなのか?その意味や理由、真相は?大阪府豊中市の小学校の土地をめぐる「森友事件」発覚から3年が経とうとする2020年 この森友事件に関わり自ら命を落としてしまった方...

検察庁法改正案とはいったい何なのかわかりやすく解説!

簡単にまとめると、検察庁改正案とは検察官の定年を63歳から65歳にしようという案です。

公務員は65歳なので、そこに合わせようということのようです。

しかし、検察官の定年を65歳にすることでどんな問題が出てくるのでしょうか?

では次は、「#検察庁法改正案に抗議します」がなぜ拡散されるまでになったのかについてその問題についてまとめていきます。

スポンサーリンク

検察庁法改正案への抗議の理由は?何が問題?

「#検察庁法改正案に抗議します」が22万以上も拡散されたのか。

検察庁法改正案にはどんな問題があるのでしょうか?

抗議の一番重要なポイントとしては

「黒川弘務検事長が総長になるとヤバい!」

からなのです。

というのも黒川弘務検事長は定年が65歳に延びた場合、検事総長になってしまう可能性があります。

検事総長とは

捜査や公判を通じて権力の不正をチェックする役割。

中立性が求められる役職

検察の一番権力のある人物が「検事総長」(定年は65歳)

この検事総長に黒川弘務検事長がなってしまったら何がヤバいのかというと、簡単には安倍総理と仲良しなため、これまで問題となってきた「森友問題」「桜の会」などの事件がうやむやにされてしまうのではないか?ということです。

中立の立場でなければいけない検事総長ですが、その存在が揺らいでしまうということです。

もはや違法も何ももみ消されてしまうかもしれないということですね。

しかし、メンタリストDaigoさんの動画を見ると、実はこの法案決定されても令和4年有効なのだそうです!↓

ということはあまり陰謀はないのではということも言われています。

これはネットでは情報が出ていないと思うので、知らなかったら信じてしまいますよね。

しかしなぜ今のタイミングに検察庁法改正案が出てきたのでしょうか?

その理由について次で解説していきます。

スポンサーリンク

なぜ検察庁法改正案は今なのか?理由2つ

しかしなぜコロナで騒いでいる今検査庁法改正案の話を進めているのでしょうか?

そこが気になりますよね。

しかし実は今だからこそ進めているのではないか、という理由が2つあります。

理由1.黒川弘務検事長が定年してしまうから

では定年の延長と黒川弘務検事長がどう関係しているかが気になりますよね。

まず検事より上で最高位の検事総長は現在別でいるのですが、今年の7月30日に65歳で任期が終了し新しい検事総長が選ばれます。

しかしその検事総長の任期が終わる前に黒川弘務検事長が63歳で定年になってしまうためです。

検事総長の候補は3人いるのですが、その一人が黒川弘務検事長です。


引用:NHK

ですが、黒川弘務検事長は検事総長の任期が終わる前に定年になってしまえば検事総長になれません。

黒川弘務検事長を検事総長にするには、定年の期間を延長しないといけないのです。

安倍政権が今、検察庁法改正案を進めているのはそう言った裏があるのではと言われているからです。

政治家もそう発言しているため多くの方が賛同しているということです。

しかし決定されても令和4年から施行とのことですが、一部では何か裏があるのでしょうか?

ですが、それでもなぜ今それをするのかという点は疑問が残ってしまうということです。

スポンサーリンク

理由2.コロナの混乱に乗じて法案を通そうとしている?

今世間はコロナでいっぱいいっぱいですよね。

森友問題で亡くなった赤木さんの奥さんからの発言から問題となるかと思いきや、コロナの件でうやむやになってしまいましたよね。

このコロナの混乱の間に手を打っておきたいのではないかということが問題になっているんです。

それも多くの人がこの動きを不審に思い、検察庁法改正案を進めるべきではない!と訴えているということですね。

スポンサーリンク

検察庁法改正案をわかりやすく解説まとめ

ネット上でも署名が集められるほど話題となっていますね。

確かにこのタイミングで急いで進めている点を考えると不審に感じることがかなり多いです。

悪いことは悪い!その決まりが崩れてはおかしなことになってしまいます。

そのためこの法案を通してはいけない!と話題になっているということです。

今後どのように動くかはわかりませんが、気になるところですね。