その他

【コロナ自粛】神奈川県が緊急速報通知で炎上の理由は?うるさいだけじゃない国民の意見とは!

本格的に5連休のゴールデンウィークが始まりましたね。

まだまだコロナの影響で自粛は継続中の世の中ですが、初日の5月2日の朝に神奈川県では緊急速報が通知され、ツイッターのトレンドにも入るほど話題になりました。

その意見の中には批判的な意見も多く炎上しているようです。

神奈川県としては危機意識をもってもらうためのものだったはずですが、なぜこれほどえんじょうしてしまったのでしょうか?

今回は神奈川県がコロナ自粛を緊急速報で通知したことでなぜ炎上してしまったのか、その理由について国民の意見をまとめてみました。

【コロナ外出自粛】神奈川県が緊急速報通知で炎上

2020年5月2日カレンダーでは多くの人がゴールデンウィークの初日となるこの日に、緊急速報通知が神奈川県民に通知されました。

時間帯としては朝の10時台ごろのようですね。

内容としては国がコロナで外出自粛を呼び掛けている中、改めて外出を自粛してほしいという内容でした。

この緊急速報が通知されたことで一部では批判の声も多く、炎上しているようですがその理由はうるさいという理由だけではないようでした。

スポンサーリンク

うるさい、ビックリするだけじゃない!炎上した理由とは

緊急速報が通知され「ビックリした」「うるさいからやめて!」という意見が多く上がっており、炎上しているようですが、実は国民が不満に思っていることはその他にもあることがわかりました。

ではなぜ緊急速報は炎上してしまったのでしょうか?

そこで「ビックリする」「うるさい!」という理由以外の炎上の理由をツイート内容からまとめてみました。

炎上理由1.コロナ自粛で緊急速報を流す必要があるのか

コロナの影響で、国から自粛は呼びかけががされています。

それでも一部の人は気にせず外出をしている人もいることは事実です。

全員に危機感を持ってもらうための方法として緊急速報という処置をとったと思われますが、一部の意見としては他に方法があったのではないか?ということでした。

しかし、メールや広告では見ない人もいる可能性があるため、誰もが内容を確認し見るであろう方法は緊急速報しかないのでは?という意見もあります。

この辺りはかなり意見が別れそうですね。

スポンサーリンク

炎上理由2.地震経験者は警告音に敏感で恐怖を感じる

緊急速報通知を受けた人の中には、過去に地震を経験した人もいます。

そのため緊急速報が鳴ったらすぐ逃げる!と意識している人もいるようです。

今すぐに避難が必要のないコロナの外出自粛通知に関しては、地震を思い出し恐怖を感じたことで怒りがこみあげてしまったのかもしれません。

緊急性のない緊急速報はそういった方にとっては、精神的に負担が大きかったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

炎上理由3.緊急速報を安易に使うと意味がなくなってしまう

今回はコロナの外出自粛についての通知で、今すぐ避難を呼びかけるというような内容ではありませんでした。

そのため今後もこのような緊急ではない通知がまた来る可能性を考えると、緊急速報の通知をオフにする人がでるのではという意見もありました。

また緊急性のない通知をしてしまうと、本当に緊急を要する通知の際に反応が悪くなってしまい、大惨事になる可能性もあるという意見もあるようでした。

確かに、またコロナの外出自粛通知か…と地震の速報であったとしてもちゃんと信用してもらえない可能性もあるかもしれませんね。

スポンサーリンク

【コロナ自粛】神奈川県が緊急速報通知で炎上の理由まとめ

コロナの外出自粛に関しては、長い人であれば1カ月ほど続いています。

そして収束の見込みもなく、生活に不安のある人も多いはずなので、精神的にもピリピリしている状況ですよね。

そのため余計に批判の声も多かったのではないでしょうか。

多くの人に注意喚起する方法として、よかったのかどうかの判断は難しそうですが、一刻も早くコロナに怯えない生活を送りたいですね。