その他

コロナばらまき男の正体は前科アリで特定?!逮捕はされる?その後現在はどうなった?

カメラ

愛知県蒲郡市の男性で「コロナウイルスをばらまいてやる」と言い、自宅待機要請があったのにもかかわらず、フィリピンパグなどに出向き店員などに接触したことが問題となっていました。

そんな中、濃厚接触したと思われるフィリピンパブの女性の感染がかくにんされました。

このことからネットでは逮捕を望む声も多く出ているようですがどうなるのでしょうか。

またこの人物を特定しようとする人も出てきています。

今回はコロナばらまき男の正体や逮捕はされるのかなどについて調べてみました。

ハテナ
コロナばらまき男の行動範囲やフィリピンパブの場所特定?損害賠償や罪の可能性は?愛知県蒲郡市の男性50代が、コロナに感染していることを知っていたのにもかかわらず自宅待機を無視し、飲食店へ行ったことが問題となりました。...
医者
【蒲郡フィリピンパブ店員】感染経路がヤバイ!接客してない店員がなぜ?時系列で確認2020年3月コロナに感染した愛知県蒲郡市50代男性(コロナばらまき男)が、自宅待機を無視してフィリピンパブなどに行ったとして問題となっ...

コロナばらまき男の正体は前科アリで特定?!名前(実名)は?

コロナばらまき男の正体についてネット上では特定?とも思われる内容がありました。

それは以前に蒲郡で事件を犯した人物の記事です。

1月18日蒲郡署は恐喝の疑いで、市内三谷町の無職伴充雅(54歳)と工場従業員の長男直樹(31歳)を逮捕した。
逮捕容疑は、11月12日に市内の男性派遣社員(30歳)の家を訪問し「おまえの椅子をずる音がうるさい、殺すぞ、引越し代を払え」などと脅迫して現金3,000円を脅しとったため。
男性派遣社員と両容疑者は同じ建物内の隣に住んでいて容疑は認めている。

引用:蒲郡ニュース

2020年57歳の今回のコロナばらまき男ですが、2018年1月に54歳だったこの事件の犯人と年齢的には合いそうですね。

そしてこの同じ人物はその4年前↓

蒲郡署は4日までに、自動車運転過失傷害と道交法違反の容疑同市三谷町の会社員、伴充雅容疑者(49)を逮捕、送検した

引用:東日新聞

また別の事件で逮捕されています。

そして名前について「伴充雅」と出ていますが、あくまで公式発表ではないので注意です。

スポンサーリンク

コロナばらまき男自宅の場所は?

Twitterでこのような投稿がありました。

「蒲郡の三谷」あたりで消毒していると思われる防護服を着た人物がいる様子が写真にとられていました。

先ほどお伝えした蒲郡男性の事件の人物が住んでいたのも三谷という場所でしたよね。

このことからネットでは「こりゃ特定だな」という意見もあるようですが、正式には発表されていないのでまだわからないところではありますね。

スポンサーリンク

コロナばらまき男は逮捕されるのか

愛知県蒲郡市の男性(57)が、新型コロナウイルス感染を知り、自宅待機を求められながら複数の飲食店を利用していたことが12日、関係者への取材で分かった。男性は「菌をばらまく」などと話し、立ち寄った飲食店の従業員1人の感染が同日判明した。飲食店は店内を消毒し、営業自粛に追い込まれており、事態を重く見た県警は、威力業務妨害容疑などを視野に捜査を進める方針。

引用:JIJI.COM

ネットでは「これはもはやテロだ」という意見もあり、模倣犯が出ては危険なので逮捕してほしいという声も多く出ています。

また、今回接客した人物ではありませんが、同じ店に勤務していた女性が感染しましたが、コロナばらまき男のせいで感染したと確実な証拠がないため、ウイルスをばらまいたという理由での逮捕は難しいようです。

ですが、記事にもあるように営業自粛に追い込まれていることは事実なので、威力業務妨害容疑として逮捕の可能性はあるのではと個人的には思っています。

今後同じようなことをする人が出ないようにしてほしいです。

スポンサーリンク

コロナばらまき男のその後、現在はどうしているのか

ハテナ

コロナばらまき男のその後ですが、迎えにきた息子とともに自宅に帰り、そのあと病院に搬送されたそうです。

このまま放って置いたらまた出歩く可能性がありますからね。

病院で管理されているので、外に出歩いたりはしていないでしょう。

今後捜査が進めば、体調が回復次第逮捕ということもあるかもしれません。

追記

2020年3月18日1時ごろ、県内の入院先の病院で亡くなったそうです。

もともと持病があったようで、そのことも原因としてあったかもしれませんね。

スポンサーリンク

コロナばらまき男を特定?まとめ

現在警察がこのコロナばらまき男について捜査してくれているようですね。

一刻も早く逮捕してほしいものです。

また同じようなことをする人物が出てこないことを願いたいです。

スポンサーリンク