その他

【森友事件】赤木俊夫の遺書の発表がなぜこのタイミングなのか?その意味や理由、真相は?

ハテナ

大阪府豊中市の小学校の土地をめぐる「森友事件」発覚から3年が経とうとする2020年

この森友事件に関わり自ら命を落としてしまった方の遺書が、2020年3月18日発売の週刊文春公開されることとなりました。

話題となってからかなりの時間がかかりましたが、なぜこのタイミングでの発表となったのでしょうか?

今回は森友事件に関わった方の遺書の発表がこのタイミングになったのか、その理由や真相について調べてみました。

安倍昭恵夫人と手越祐也、藤井リナの黒い関係の噂とは?薬物疑惑の真相がヤバイ安倍昭恵夫人が2020年3月26日にコロナ抑制のため、花見や外出自粛の空気が流れる中私的桜を見る会を開いていたとして、SNSに写真を上げ...

【森友事件】赤木俊夫の遺書の発表がなぜこのタイミングだったのか?

2020年3月18日に赤木さんの遺書を公開という、事件から2年経ってからの発表に世間ではなぜこのタイミングなのか?という疑問が浮かんできています。

森友事件 他界した職員の訴え 2020年3月17日 また出た謎の手記!なんでこれが佐川の裁判の時とかではなく今このタイミングでノコノコ出てくるのか?倒閣のために用意したシナリオとしか思えないよなぁ考えている顔大体佐川の件も森友土地問題も裁判で結論出てるだろ。第2の籠池夫妻か?

新型コロナで大変な時期になんでこのタイミングで?って思ったけど、お亡くなりになられてから二年というタイミングだからだろうか。
遺族にとってはコロナなんかよりもよっぽど辛い時間だっただろう。真実が明らかになる事を切に願う。

このタイミングで森友事件の遺書を出してきた文春。
何が狙いだ?

と、コロナでてんやわんやの時期のこのタイミングになぜ被せてきたのか?

という意見は多いようですね。

ではこのタイミングに理由や意味はあるのでしょうか

スポンサーリンク

【森友事件】赤木俊夫の遺書の発表のタイミングのその意味や理由、真相は?

ネット上でもこの時期に出すのはタイミングが良くないのでは?という意見がかなり多いようでした。

事前告知では

「ぼくの契約相手は国民です」と語っていた真面目な公務員は、なぜ公文書の改ざんを強いられ、死を選ばなければならなったのか。3月18日(水)発売の「週刊文春」では、「手記」全文と、妻の昌子さん(仮名)が相澤氏に語った赤木さんの人となり、自殺直前の様子、なぜ手記の公開を決意したのかなどを、記事、グラビア、あわせて15ページにわたって特報する。

引用:週刊文春オンライン

とあり、なぜ公開しようと思ったのかについても記載がされているようです。

赤木さんの奥さんは旦那さんが亡くなり、いろんな思いがあったのかもしれません。

今回の公開した経緯については

「3月7日に三回忌を終えたこと、そして丸2年間、財務省側の不誠実な対応が続いたことで、夫の元職場お闘うことを決意。記者の相澤冬樹さんに手記を託した。」

と奥さんの思いが書かれていました。

このことから決意したタイミングだったことがわかりますね。

その他意味があるのかについては、新しい情報が入り次第追記していきます。

スポンサーリンク

森友事件の真相とは?どんな事件だったのか

森友事件は2017年のことだったので、内容を忘れてしまった方もいるのではないでしょうか?

そこで、分かりやすい説明をしてくださっている動画があったのでご紹介します。

また、籠池さんについてのドキュメンタリー動画も参考になりそうだったので、こちらもよかったら見てみてください。

スポンサーリンク