俳優

大和田獏が濃厚接触者じゃないのはなぜ?岡江久美子の感染経路は病院?

2020年4月23日に女優の岡江久美子さんがコロナ感染で肺炎になり、お亡くなりになられました。

コロナに感染したという報道もなく、突然のことだったため世間も驚いた人が多いことでしょう。

報道では家族である大和田獏さんや娘の大和田美帆さんは濃厚接触者ではないと報道されましたが、一緒に住んでいたはずなのになぜ?と疑問に思う方もいるようです。

そこで、大和田獏さんが濃厚接触者ではない理由や、岡江久美子さんがコロナ感染を非公開にしていた理由について調べてみました。

岡江久美子アビガン投与しなかったのはなぜ?持病乳ガンとの関係や副作用を調査2020年4月23日に女優の岡江久美子さんがコロナに感染し、肺炎となりお亡くなりになりました。 コロナ感染のニュースが報道されない...

大和田獏が濃厚接触じゃないのはなぜ?その理由とは

大和田獏さんは岡江久美子さんの夫であり、おしどり夫婦として知られていましたね。

そのため自宅でも一緒にて濃厚接触者の可能性があるのでは?と思った方も多いと思いますが、岡江久美子さんは持病で乳がんの治療をしていたということで、この辺りが関係していそうなので、時系列で確認してみましょう。

・昨年末に初期の乳がん手術を受け、1月末から2月半ばまで放射線治療を受けていた。

・岡江さんは4月3日に発熱し、4~5日様子を見るよう言われ自宅で療養

・4月6日に容体が急変。

・その後、都内の病院に緊急入院し、ICU(集中治療室)で人工呼吸器を装着し、その後PCR検査で陽性が判明した。懸命な治療を続けたが、完治に至らなかった。

 事務所によると、岡江さんは昨年末に初期の乳がん手術を受け、1月末から2月半ばまで放射線治療を行っており、免疫力が低下していた

とあり、放射線治療を受けていたころから発熱する4月初旬まで間がありますよね?

この間についてどの記事でも触れられていないのですが、考えられるのは放射線治療後ももしかしたら入院していたのかもしれませんね。

そのころからコロナも流行っていましたし、感染のリスクのある岡江久美子さんとの接触を控えていたのかもしれません。

新しい情報が入り次第追記していきます。

スポンサーリンク

岡江久美子の感染経路は病院?

岡江久美子さんはいったいどこから感染してしまったのでしょうか?

岡江久美子さんは2月まで放射線治療をされていました。

その後の経緯は発表されていませんが、定期的に病院にも通っていたのではと思われます。

岡江久美子さん本人もコロナに気をつけなくちゃと手洗いなど気を使っていたようなので、その他感染する可能性としては病院が一番高いのではと思われます。

岡江久美子さん自身もガン治療で自分自身が弱っているという自覚はあったと思うので気を使っていたはずなのに、それでもコロナにかかってしまうと思うととても怖いですよね。

スポンサーリンク

岡江久美子がコロナ感染を非公表だった理由は?

新型コロナウイルスに感染したことを公表していなかったことについては「コロナ感染で迷惑をおかけするお仕事がなかったということもありますが、コロナに感染したけど元気になりましたと報告するつもりでした」

引用:msn

ガンの治療のため司会をしていた「はなまるマーケット」もお休みしていましたし、事務所としてもがん治療も何とか乗り越え一安心していた時に、まさか岡江久美子さんがコロナで亡くなるなんて思いもしなかったのでしょう。

容体も急に悪くなったようなので、発表する間もなくなくなってしまったと予想できますね。

スポンサーリンク

大和田獏は濃厚接触者じゃないのはなぜ?まとめ

岡江久美子さんは人気の番組の司会も務め人気の女優さんでした。

ガンを乗り越えてこれからも頑張っていこう!そう思っていたところにまさかのコロナに感染するという事態に。

いつだれが感染して命を落としてしまうかわかりません。

大変な時期ですが外出を自粛し、自分も周りも感染しないようにしないといけませんね。

スポンサーリンク